ダイエットが失敗する理由と資格試験に落ちる理由は同じです

ダイエットに挑戦したけどなかなか成果が出ない人は多いはずです。

正確なデータはありませんが、ダイエットは90%以上の人が失敗するなんて意見もあるようです。

ダイエットや資格試験は90%失敗します!残りの10%になる方法。どうすれば少数の10%側に行くことが出来るのか?

なぜダイエットは上手くいかないのか?

ダイエットが上手くいかない人は、あることが出来ない人が多いのです

それは、なぜ資格試験に合格することが出来ないのか?

と同じような理由なのです。

コスパ最強のフォーサイトのDVD社労士講座はこちら

スポンサーリンク
レクタングル大

ダイエットが失敗する理由

ある二人の男性のダイエット失敗談

まずダイエットに失敗した二人の男性の例をご紹介します。

まず一人目はAさんとします。

Aさんは、とにかく早食いの大食い。

昼食のお弁当なんか1分もかからずに食べ終えてしまう。

一緒に外食に行くと一人だけあっという間に食べ終えてしまうので、周りに気を使わせてしまうタイプ。

早食いという事は、ほとんど咀嚼してないんでしょうね。

Aさんはそんな食生活ですので、当然太ります。

20代の頃に比べて確実に30キロ以上は太ってしまったんだとか。

Aさんはさすがにヤバいなと思うとダイエットを始めるんですが、ちょっと成果が出るとすぐに止めてしまう。

痩せては太り、太っては痩せてをもう10回以上繰り返しています。

もう一人のBさんも20代の頃は60キロなかったんだそうですが、今では体重90キロ。

Bさんも何年かに一度本気でダイエットするんだとか。

Bさんのダイエット方法は、とにかく食べない。

朝はジュースのみ、昼は春雨ヌードル1個、夜は太らないアルコール、ウイスキーなどを飲んで終わり。

そして、土日はウォーキング、平日は一つ手前の駅で降りてウォーキングという生活を送る。

そんな暮らしをすると1か月で10キロくらい楽々落ちるんだそうです。

でも、また数か月後にはリバウンドし、またダイエットをするという繰り返し。

つまりは、結局AさんもBさんもダイエットに成功することが出来ないんです

なぜダイエットに失敗してしまうのか?

AなんもBさんもダイエットに失敗してしまう理由は共通しています。

それは、何事も継続することが出来ないからです

ダイエットは簡単ではありませんが、体重を落とすのってそれほど難しいことではありません。

水分を抜いて食事を制限すれば、ある程度までは体重は一気に落ちてい行きます。

でも、そんなのは一過性に過ぎません。

食事を抜いたり、水分を抜いたりしても目先の体重が落ちるだけで、また摂取を再開すれば元に戻る。

そんなのは当たり前の話なのです。

だからダイエットを短期目線でやる人は成功しないんです。

コツコツと長い目で実践しないとダイエットは成果が出ない。

毎日の食事量を制限しながら、それでいてバランスよく食事はとり、適度な運動を心掛ける。

これを毎日毎日コツコツと地道に続ける事。

これがダイエットに成功する鍵なんです。

でも、そんなん面倒くさい。

目先の効果だけを追い求めるからダイエットは成功しない。

ですので、毎日コツコツ続けられない人はダイエットなんか上手くいきませんのでやらない方がイイ。

資格試験も同じです。

合格する人は、毎日コツコツと勉強を積み上げているんです。

ある日いきなり成績なんて上がりません。

地道で愚直な積み重ねこそ成果を発揮するんです

資格試験に挑戦してみようかな?と思う人は、まず何でもいいので毎日コツコツと続ける習慣をつけて見るとイイでしょう。

積み重ねることが出来る人だけが国家資格というプラチナチケットを手に入れる事が出来るのです。

コスパ最強のフォーサイトのDVD社労士講座はこちら

合格率数パーセントの難関資格、社会保険労務士。この社労士試験に合格するための勉強方法や対策記事をまとめてみました。まずはこちらのページをご覧になってから、勉強の進め方や試験までのスケジュールなどを決めていただくと、回り道することなくスムーズに合格へとたどり着けるはずです。ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする