社労士試験勉強法一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー大

社労士試験に合格まで何年かかるか?【合格までのリアルな体験談】

社会保険労務士試験に合格するまでどのくらいの期間が必要なんでしょうか?平均的には3~4回程度、1年の勉強時間は800~1200時間程度と言われていますが、実際に合格までどんなプロセスを辿ったのか?リアルな体験談をお伝えします。社労士試験に合格まで何年かかるか?

社労士試験は3月から勉強して合格できるか?【実体験をご紹介】

2019年社会保険労務士試験の合格を目指している方へ。今から社労士試験の勉強を始めても間に合う?3月からの勉強でもなんとかなる?全くの初心者で労働基準法くらいしか知らないんだけど大丈夫?レベルにもよりますが、全くの初心者であれば3月から勉強を始めたところで合格圏内に入り込むことは相当困難だと思ってください。

【社労士試験】もうすぐ1月が終わります!勉強始めるなら今しかない

早いものでもうすぐ1月も終わり2月になろうとしています。気が付けばあっという間に時は流れ、寒い冬も終わり春から夏へと季節は過ぎ去っていきます。今年こそ何かをしよう!今年こそ難関資格に合格してやろう!今年こそ社労士試験に合格しよう!と思ったのであれば、そろそろリミットが近づいています。

会社員が働きながら資格を取るために捨てる勇気を持つ【資格を取る】

日々の業務で忙しいサラリーマンが、難関資格に合格するのは並大抵の努力じゃありません。深夜まで起きて勉強するか?早朝に起きて勉強するか?通勤電車を利用して勉強するか?いずれにしろ相当な覚悟が必要になってきます。サラリーマンが資格を取るために最も必要なことは、捨てる勇気を持つことです。

社労士試験の勉強は年内から始めないと間に合わないのか?

今日はクリスマスイブ。今年のクリスマスは3連休の最終日がクリスマスイブになりましたので、家族で過ごす人、恋人同士で過ごす人、友人同士で過ごす人達にも過ごしやすい日程になったのではないでしょうか?ですが、国家資格に挑戦している受験生にとってクリスマスなんて関係ありません。すべてのレジャーは、合格してから。

資格を取れる人と取れない人!試験の合否を分ける決定的な3つの違い

資格を取れる人と取れない人。資格試験に合格する人と不合格になってしまう人。それほど学力が違う訳でもない、それほど経験値が違う訳でもない。同じ人間なのに合否が分かれてしまうのは、必ず何か理由があるものです。ここでは、資格試験に合格できる人と不合格になってしまう人の特徴から分析し3つの違いを解説していきます。

2019年社労士試験でリベンジを狙う人へ!最短で合格する方法は?

2018年第50回社労士試験の合格者が発表されましたが、今回涙を惜しくも飲んでしまった方。あきらめずに来年もう一度チャレンジしようと思っている方。現状を分析せず、今年と同じやり方で臨んでも、また高い壁に打ち返されて終わってしまいます。来年こそは合格をつかみ取るためにどうすればいいのか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大