2018年10月一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー大

社労士が推奨する退職代行サービスってどんなもの?

会社を辞めたいのに辞められない。そんな人向けの退職代行サービスというのが話題になっています。一体退職代行というのはどんなサービスなのか?怪しいサービスじゃないのか?と不安に思う方も多いのではないでしょうか?社会保険労務士が専門的な立場で、退職代行サービスってどんなものなのか検証してみようと思います。

社労士試験は合格するまで時間がかかる?受験回数何回で受かるのか?

社労士試験は合格するまで時間がかかる。という意見もあるようです。確かに近年合格率が下がり、試験問題は難化傾向にありますが、合格するまで時間がかかる試験に変貌しているのでしょうか?社労士試験に合格するまで何回くらい受ければいいのか?について考えてみましょう。

経験者が語る!就職活動をマジメにやらないと将来コレで絶対後悔する

今まさに空前の売り手市場。就職戦線異状なし!というバブル期の織田裕二さん主演の映画がありましたが、その時期の再来のような売り手市場がやってきています。新卒市場も転職市場も、どこもかしこも就職希望者はモテモテ状態。2018年3月に卒業した大学生の内定率は97%とも言われています。

フリーランスのITエンジニアで稼ぎたいのなら就職活動した方がイイ

IT業界は元も人手不足の業界でしたが、今はさらに深刻化し、まさに空前の人手不足となっています。かなり大手のIT会社で働いている知人が何人もいますが、そろって言うセリフがこれです。「ねぇ、いい人いない?」少子化で労働力不足に加え、右肩上がりで伸び続けるIT業界は当然人材難になって当たり前。

転職者に最も嫌われる最悪な面接のやり方を転職した人に聞いてみた

仕事はあるけど人いない。人材難であえぐ業界のテンプレートのような言葉になってしまってますが、今の労働力人口からすれば、中小企業の人材難はまだまだ続くはずです。中小企業はこれから先、どれだけ人を採用できるか?どれだけ人を辞めさせないか?人材を確保することが生き残るための最大のキーワードになってきます。

将来人事・総務担当になりたいのなら迷わず社労士資格を取得しよう

今は現場の仕事についているけど将来的には会社の内部で仕事がしたい。経営まではいかなくても、マネジメント層で働きたい。会社の中から支える仕事に就きたいと考えている人は多いと思います。もし、今は畑違いの仕事をしているけど、将来的には人事とか総務の仕事がしたい。会社を支える人材になりたいと思っているのであれば社労士資格をとりましょう。

取っておけば食いっぱぐれのない資格なんてそもそもあるのか?

取っておけば将来安心。この資格を取っておけば一生食いっぱぐれることは無い。そんな資格があるのであれば、少々難しかろうがみんなチャレンジするはずですが、なかなか現実的にそんな資格は存在しません。そもそも食いっぱぐれのない資格なんてあるのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大