2018年12月一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー大

【2018年総まとめ】社労士試験とこれからの社労士の活動

2018年もあとわずか。皆様にとって2018年はどのような年だったでしょうか?災害も多く大変な思いをされた方も多かったと思いますが、良い1年になったという方も数多くいらっしゃるでしょう。2018年に念願の社労士試験に合格されて充実した1年になった方もいますし、惜しくも涙を飲んだ方もいる。

【旦那の年収1千万円】高収入の旦那なら専業主婦になれるのか?

高度経済成長期は、はるか昔に終焉し、今の時代夫婦共働きが当たり前。二人で働いて稼がないと子供一人まともに育てることができない。残念ながら今はそんな時代です。ですが、結婚したら働きたくない。旦那の収入で家計をやりくりしたい。専業主婦として生きていきたいという女性は、まだまだ多いのではないでしょうか?

社労士試験の勉強は年内から始めないと間に合わないのか?

今日はクリスマスイブ。今年のクリスマスは3連休の最終日がクリスマスイブになりましたので、家族で過ごす人、恋人同士で過ごす人、友人同士で過ごす人達にも過ごしやすい日程になったのではないでしょうか?ですが、国家資格に挑戦している受験生にとってクリスマスなんて関係ありません。すべてのレジャーは、合格してから。

社労士試験に合格したけど資格をどう活かせばいいか悩んでいる人へ

2018年の社労士試験の合格者は6.3パーセント。ここ数年、合格率も下がりさらに難関資格と化している社労士試験。しかし、そんな難関試験に合格したにも関わらず、社労士資格をどうやって活かせばいいのか?どうやって社労士として生きていけばいいのか?悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

人事総務部門の転職件数ってどのくらいあるの?転職市場のリアル

世の中は売り手市場で就職活動も転職活動もこれまでにないほど活発化しています。特に人材難の業界、医療、介護、運送、物流、建築、IT、飲食などは人材確保のため各社しのぎを削っているような状況です。そんななか果たして人事総務部門の転職案件はどの程度あるのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大