社会保険労務士(社労士)試験とは?

※ドメインを移動しました。
社会保険労務士(社労士)試験は、厚生労働省が実施している国家試験の1つです。
社労士
企業にとって最も重要な人の部分を扱うスペシャリストの資格で、年々受験者数も増え人気も高くなっています。合格率は例年7~9%程度と非常に難易度も高くなっている難関資格となっています。


当サイトは、2010年(平成22年)に社労士試験に合格した管理人が、自身の経験から導き出した効果的な勉強法や試験の解答法、さらに資格取得後の情報など社労士に関する様々な情報をお伝えしていきます。


スポンサードリンク


まずは勉強方法を決める事

風景 社会保険労務士(社労士)試験は、ここ数年7万人近くの応募がありますが、合格者数は4000人程度という難関資格です。


この資格にチャレンジするのであれば、まずはご自身の勉強スタイルを決める事が合格への最短距離となります。


もちろん毎年独学で合格される方は多数存在しますが、普通に仕事をしながら勉強される方や法律の学習が全く始めてという人には厳しい試験ですので、まずは下記のページから勉強方法を判断して見て下さい。


>>>あなたは独学で合格できるか?


試験の攻略法

攻略 社労士試験は、選択式試験と択一式試験が午前と午後に分かれて実施されます(現在は節電対策のため午前中が択一式で午後が選択式)。


そして選択式試験・択一式試験ともに解答を導くための独特のテクニックのような手法が存在します。


ある程度学習が進んできたらただ闇雲に解答していくのではなく、解答する際の手順などを確認し、自分なりのテクニックを身につけて試験に望めば、効率よく解答していく事が可能になっていきます。


>>>選択式試験の解答法はこちら
>>>択一式試験の解答法はこちら


資格を取得したら

社会保険労務士(社労士)試験に合格したら、労務管理、社会保険、及び法律の専門家となり、あらゆるジャンルで活躍する事が出来ます。


複雑な労務相談や年金問題なと社労士のニーズは今後も益々高まっていくと思われますので、資格取得後の自分をイメージしておくと試験勉強の真剣さも増していくと思います。


>>>社労士の将来性