シニア向けハローワークがオープン!老後のこれからの働き方

北九州でシニア向けのハローワーク「シニア・ハローワーク」がオープンしたそうです。

50歳以上の中高年礼者の就職を重点的に支援する全国初の取り組み。

現地での就職だけでなく、UターンやIターンにも情報提供されるらしく、今後の動向が注目される。

スポンサーリンク
レクタングル大

高齢者の働き方

働き方の多様化

これまで60歳を過ぎた社員を継続雇用する形が一般的でした。

年金支給が65才になり、定年を65歳に延長する企業も増えていますし、今後は65才まで働く会社が普通になってくるでしょう。

ですが、全ての職種で高齢者を雇用できる訳ではない。

体力のいる仕事やIT系の技術が求められる職種などは、なかなか高齢者を継続して雇用することが難しい事もある。

そうなった時、今のように50歳を超えたら転職できないような社会では、転職市場はどんどん萎縮してしまう。

これから先少子高齢化になるのは目に見えている。

多くの企業は人材難に苦しむだろう。

そんな時、高齢者の労働力は決してバカに出来ないどころか、貴重な戦力になるはずだ。

仮に今の会社で必要とされていないのなら、50歳を過ぎても60歳を過ぎても新しい仕事を探せばイイ。

高齢者でも人材が必要とされている職種は山ほどある。

平均年齢は男女とも80歳を超えている。

そんな時代だから45歳を過ぎても当たり前に転職できる社会にならないといけない。

Iターンという選択肢

都会でのギスギスしたサラリーマン社会に嫌気が指す人も多いだろう。

年齢を重ねたら田舎に帰ればイイや!という人はある程度気楽かもしれないが、東京にしか住むところが無い人は選択肢が限られる。

もう東京生活はうんざり、老後はゆっくりと田舎生活でもしてみたい。

そんな人達の受け皿が出来ることは、とても有意義なんじゃないだろうか?

いろんな職種

人生80年生きるのなら、新卒から40歳まで勤めたら、残りの40年は違う仕事をしたいと思う人も増えてくるんじゃないだろうか?

一つの仕事、一つの社会しか知らずに年老いていくのはあまりにも寂しい。

どうせ一度きりの人生なら、40年で一区切りつけて、一粒で二度美味しい生活を目指してもいいだろう。

インターネットと共に時代も移り変わり、もう一生同じ仕事だけをして生きていけるような時代では無くなっている。

一流の企業が何十年も一流でいられる訳ではない。

シニアハローワークという取り組みが、全国で展開されれば、50歳以降の生き方の選択肢も増え、充実した老後を過ごせる可能性が広がるのではないだろうか?


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする