高齢者の事故防止には自動運転じゃなくてUberタクシー料金の値下げ

高齢者の運転による事故が多発している。

ブレーキとアクセルの踏み間違いや高速道路の逆走など、通常ではあり得ない危険運転行為が事故の大きな原因だ。

高齢者になったらの免許返却という意見もあるようだが、それよりも自動運転・自動ブレーキを義務化するべきだという声もある。

確かに一番有効な手段なのだが、現実的には自動運転・自動ブレーキではなかなか高齢者の事故はなくならない。

スポンサーリンク
レクタングル大

高齢者の事故

なぜ高齢者が運転する必要があるのか?

まずなぜ事故を起こした高齢者は自ら運転しているのか?

不便なところに住んでいる。足腰が弱って移動するのがキツイ。というのが主な理由だろう。

車は家の前から移動でき荷物も運べる便利な道具だ。

その分車は高額で、所持しているだけでお金がかかる。

最近の若者は給料も少なく、社会保障が大きく手取りも少ないためみんな車なんか買わない。

だって高いから。

そう車は高額なため、収入源の無い高齢者にとっては所持するだけで精一杯なのである。

だが自動ブレーキ機能がついている車は現在のところごく一部の新しい車ばかり。

そんな新車を高齢者が帰る訳も無く、古い中古車を何年も乗り回すしかない。

高齢者がわざわざ危険な車を乗っているんだから事故も増えてしまう現状になっている。

車を乗らなくても済むようにするには?

自動運転・自動ブレーキが義務化されれば、確実に事故は削減する。

高齢者の事故も劇的に減るはずだ。とはいえ、そんな車を高齢者でも購入できるような値段で提供できるようになるのはいつの話なのか?

街の中古センターで気軽に購入できる車にそんな高機能を付けることが現実的に可能なんだろうか?

それならば、安全な車を作るという発想も同時に進めつつ、タクシー料金の値下げなんじゃないだろうか?

タクシーをもっと気軽に使えるのであれば、高齢者だって自分で車を運転する必要もない。

そもそも日本のタクシーは料金が高すぎる。

配車サービスUberのようなシステムも世界中で使えるようになってきている今では、タクシーの料金はもっと手ごろな料金に抑えられるんじゃないだろうか?

高齢者の事故を減らすには、1つの手段だけでは実現できないはず。

  1. 高齢者に免許を返還させる
  2. タクシー料金を値下げするなどし利用しやすいようにする
  3. 自動運転・自動ブレーキを義務化していく。

この3ステップに真剣に取り組めば、必ずや不幸な事故は大幅に減少するのではないだろうか?!


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする