今日定時で帰宅してイイですか?【ブラック企業あるある】

以前部下からこんな問いかけをされました。

今日定時で帰宅してイイですか?

こんな質問をされて正直ポカーン( ゚д゚)としてしまいました。

今まで定時で帰っちゃいけないと指導されてきたのでしょうかね?

申請しないと定時で帰っちゃイケない会社なんてブラック企業の危険があるので十分注意してください。

スポンサーリンク
レクタングル大

定時で帰宅するのに許可がいるのか?

残業とは何か?

定時で帰宅するのにわざわざ上司に伝えている人は、そもそも、もう一度残業とは何か?を考えてみてください。

労働基準法では原則残業というのは許可されていません

1日8時間、1週間で40時間労働が原則なんです。

その時間を超えて働かせる必要がある場合は、残業させることができる。

そのためには、労働基準法36条で定められている協定を結んで労基署に提出しなければならない。

それが俗にいう36協定です

この協定を結んではじめて残業を指示することができるのです。

逆に言えば残業は指示されなければ定時を超えて働く義務はありません。

電通の過労死事件を受けて、各社が残業を抑制する方向になってきた。電気製造会社大手の日本電産も残業代の完全廃止に向けて動いだした。日本の企業は...

上司から時間外労働の指示を受けて初めて残業することができるんです。

自分仕事が終わらないからという理由で勝手に残業しちゃホントはダメなんです。

だから今日定時で帰っていいですか?というのはそもそもおかしくて、定時で帰るのが本来は当たり前なんです

ですので定時で帰る申請が義務になっている、毎日定時で帰宅する場合は上司に申請するのが義務になっているようなら運用を改めるべきです。

ただ、今日は残業できない日をあらかじめ申告しておくというのであれば問題ありません。

前述したとおり残業は基本的に上司が指示するもの。

今日は重要な用事があるという日に無理に残業を指示するのも気の毒ですからね。

残業の指示を断ることはできるのか?

今日は大好きなアーティストのコンサートがある。

だから仕事は定時で終わらせてダッシュで会場に向かわなきゃ。

それじゃお疲れ様です・・・

と、そんな時に限って大トラブルが発生するもの。

システムの大障害が発生し、顧客から問い合わせがバンバン入っている。

今すぐにでも復旧させないと壊滅的な損害が出てしまうかもしれない。

上司から緊急事態だ!

今日はどんな事情があってもシステム復旧のため残業してほしい!

と指示があった場合断ってもいいででしょうか?

残念ながらこれを断る行為は業務命令違反です

残業を指示するのは上司ということは、その指示に反することは業務命令に反する行為です。

36協定とは経営側と労働者側が合意の下で結ぶ協定ですので、36協定を結んだ以上残業の指示には従う義務があると考えられます。

つまり、どうしても今日は残業できないという日でも、上司に絶対今日だけは残業しなさい!と言われたら基本断ることはできないんです。

残業って自分がしたい時に上司に拒否られたらしてはイケなくて、逆に自分が残業したくない日に上司に指示されたらやらなければならない。

世間一般で理解されている残業のやり方は逆なんですね。

まとめ

定時で帰っていいですか?という質問はしなくていいんです。

定時で帰るのが当たり前。

逆に残業してくれと言われたら、今日用事があるので無理ですと断ることも本当はできないんです。

残業というモノの認識をもう一度改めなおすことをおススメします。

残業時間に関しては、何度か解説していますが、まだ誤解している人が多いのか?正確に理解してない人が多いのか?残業という概念を間違って解釈している人が多いように感じます。ここで、今一度残業時間の仕組みをかみ砕いてお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする