老後のための貯金なんて今すぐ止めた方いい!その考えが老後破綻する

今の時代老後のためにコツコツと貯金をしている人は多いでしょう。

年金の支給は60歳から65歳まで引き上げられ、そのうち70歳以上まで上がる可能性はかなり高くなっています。

これからの時代、年金には頼れない。

だからこそ老後のために今から貯金しなければ!

とお考えのあなた。

その考えでは確実に老後破綻するでしょう

スポンサーリンク
レクタングル大

老後の貯金

老後の計画

老後破綻、下流老人なんて言葉を聞くと確かに焦ります。

自分の年金はいくらもらえるんだ?

もっと保険なり年金なり加入しておいた方がいいんじゃないか?

退職金は一体いくら出るんだ?

すべてアテにならない。

それなら貯金しないと!

という気持ちも理解できますが、一度冷静になってみて下さい。

こちらの記事で内藤さんも仰られていますが、これからの時代80歳前に亡くなる人の方が少なくなるのです。

70歳で死亡すると「あらまだ若いのに」と言われる時代です。

ですので、今の世代の大半は80歳どころか90歳近くまで生きることが出来るのです。

定年が65歳とします。

今から65歳までにいくら溜めれば老後の生活は賄えるのでしょうか?

年金でちょっと豊かに生活しようと思ったらあと5万円程度は必要と言われています。

5万円としたら年間約60万円。

夫婦二人なら120万円。

65歳から75歳まで生きる計画であれば1200万円あれば足りるでしょう。

ですが、85歳まで生きる計画であれば2400万円必要になります。

90歳まで生きるとしたら・・・

つまりは、貯金を貯めこんでそのストックで生きようという考え自体が間違っているのです

これからの時代は、ストック型でなくフロー型に意識を切り替えなければいけません

ストック型のビジネスと言えば、身近なところでいえば携帯電話。

携帯電話の仕組みを作り、契約者を増やしていくことで売り上げを積み上げていく方法。

逆にフロー型のビジネスといえば建築事業のようなもの。

お客様のニーズに合った建物を作ったら、また新しい顧客を取って建物を建てる。

常に動き続けていないと売り上げが上がらないビジネスです。

一見、ストック型の方が安定しているように思えますが、通常のサラリーマンの場合、ストックを積み上げるにしても限度があるのです。

自分の収入から、生活費や住宅ローンなどを支払った、のこりを貯金としてストックする。

サラリーマンであれば、数十年かけてようやくたどり着いても数千万円が限度でしょう。

ですが、早い段階からフロー型の意識に転換すれば、生きている限り収入を得続けることが出来る。

だからこそ、貯金に頼るのではなく、60歳を過ぎても稼げる人間になることが大事なのです。

どうやって稼ぐ

老後に稼ぐ方法ってそれほど難しいことではありません。

単純に言えばこの3つなんです。

独立・起業する

まず独立・起業ですが、あまり難しく考えることはないんです

老後年金にプラスアルファと考えれば、大成功する必要はない。

月数万円の売り上げを上げるだけでいい!と考えればそれほどハードルは高くない。

税理士や社会保険労務士など、老後に独立し細々と事業を営んでいる人は多い。

また現役時代のコネを使って個人事業主として活躍する道もある。

ただここで間違っても飲食店などを開いてはいけません。

飲食店は、非常に成功率の低いハイリスクな商売です。

老後に独立・起業するのであれば、極力初期投資の少ない、在庫を抱えないビジネスをすべきでしょう

投資でリターンを得る

投資も若いうちから始めておけば、将来大きなリターンを得ることも可能です。

定番は株式と不動産。

株式投資もデイトレードのような相場に張り付く取引はサラリーマンには向いてません。

投資信託などを組み合わせ、極力ほったらかしで収入減を作っていくことが大事です。

不動産投資はかなりの目利きがいりますし、手間もかかりますが、成功すれば大きなリターンを得ることが可能です。

もちろん仮想通貨という手段もあるでしょう。

今はハイリスクの典型のような扱いですが、数十年後大きく化ける可能性は秘めています。

投資対象はなんでもかまいません。

まずは少額でもいいから初めて見る行動力が重要なんです

働く

最期はやっぱり働くこと。

年を取って働くには何よりも健康でなければいけません。

ですので、若いころにしておきたいのは、貯金のストックではなく、体力のストックです

若いころから節制をして、運動をすることで誰よりも健康な体力をつける事。

もしかしたら、これが一番効率よく稼げるかもしれません。

まとめ

老後を貯金で乗り切ろうなんてそううまくはいきません。

若いうちに楽しみを全部犠牲にしてコツコツ貯金するよりも、若いうちはドンドンいろんな経験をしておくべきです。

投資でも、資格でも、運動でも、趣味でも。

若いころに動いていない人が、年齢を重ねて動けるわけがありません。

老後が不安でコツコツ貯金ばかりをしているのであれば、有効にお金を使い、老後に稼げる自分を磨くことの方がよっぽど身になるのではないでしょうか?


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする