社労士で食えるか?心配している人はそもそも資格すら取ってない人

この資格を取れば食えるのか?

この資格を取れば一生安泰なのか?

誰しも気になるようです。

このブログにも「社労士 食える」、「資格 将来」的なキーワードで検索エンジンからアクセスがあります。

当ブログは、社労士試験合格を目指す方と労働関連の悩みを抱えている社長さん向けにネタを書いている。しかし、時々「社労士 食える」とか「食える資...

果たして資格を取れば食えるのか?

社労士を取れば一生安泰なのか?

スポンサーリンク
レクタングル大

社労士で食えるのか?

社労士で一生食えるか?

社労士が食える資格なのかどうかはこちらに詳しく書いてますのでご覧ください。

食える資格という言葉を耳にすることがあります。何々資格は食えるとか食えないとか。何を基準にしているのかわかりませんが、皆さん気になるのでしょ...

社労士に限らず資格を取ったから食えるという訳ではありません。

そしてそんな時代でもありません。

このことは最初に認識しておかないと、資格を取ればなんとかなる!という思考に陥ってしまいますので注意してください。

食えない資格のために何時間もかけて勉強するなんてバカバカしい!

と思ったのであれば、そもそもそんな考えでは何をやってもうまくいかないでしょう。

猛勉強して社労士という資格、国家資格に合格すればこれだけのメリットを享受することが出来るのです

社労士試験に合格すればこんなにイイことがある!国家資格は半端ない。国家資格を取るとこんな未来を切り開けるのです。

確実に成功が保証されているモノにしかチャレンジしないという人は、チャレンジするもの自体が無くなってしまいます

まずはスタートラインに立つコト

「食える資格」とか「一生食いっぱぐれのない仕事」とか「10年後も安泰な技術」なんて言っているようじゃ、これから先の時代生き残っていけません。

インターネットが普及し、スマートフォンを誰もが手に入れるようになり、この先はIoT、AIという未来が待ち受けています。

10年前、こんな未来が来ることをどれだけの人が予想していたでしょうか?

そうです、10年後ましてや20年後どうなるか?なんて誰にも分らないのです

ですので社労士が食えるか?なんて心配しているようでは、そもそもスタートラインにすら立てていません。

社労士が将来どうなるか?

弁護士が将来どうなるか?

税理士が将来どうなるか?

建築士が、システムエンジニアが、長距離ドライバーが、タクシー運転手が、学校の先生が、公務員が、将来どうなるか?なんて誰にも分らないのです。

一生安泰とか10年後食えるとか考えていたら前に進むことが出来ないんです

将来が不安になり検索している人は、こんな悩みを抱えていることでしょう。

何かをやってみよう。

何かを変えたい。

このままじゃダメだ。

そんな悩みを解消できる唯一の方法は「行動」です

動かないことには何も始まらないんです。

もし社労士が食えるかどうか気になるのであれば、とりあえず資格に合格してみて下さい。

それから自分で試してみればイイんです。

社労士は上手くいけば1年間の勉強で一発合格が可能な資格です

とはいえ、生半可な努力では絶対に合格ラインにはたどり着けません。

一度でいいので、生半可ではない努力をしてみてはいかがでしょうか?

もりやり切って成功体験を積んだ時、今検索しているキーワードが一気に変わるはずです。

「社労士 食える」ではなく、

「社労士 稼ぐ」

「社労士 独立」

「事務所 経営」

といったポジティブなキーワードで検索するようになるはずです。

まずはスタートラインに立つことです。

社労士試験が気になったのであれば、思い切って来年の試験に挑戦してみてはいかがでしょうか?

社労士は、正直まだまだ食える資格です。

それどころか、これから先さらに需要が高まる資格ですので

今年は諦めた!来年の社労士試験合格を目指している方へ。来年の社労士試験で合格するにはどうすればいいのか?
2016年10月24日発売の週刊ダイヤモンドで人事コンサルタントの菅野宏三氏が、定年退職後の稼ぎ方に関するコラムを掲載している。その中で定年...

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする