請負契約と準委任契約と派遣契約の3つの違い偽装請負ではないですか?

IT業界主にシステム開発、構築の業務契約には大きく分けて3つの契約形態がある。

請負契約と準委任契約と派遣契約。

この3つかなりの人が誤解しているというか誤認識しているようなので、3つの違いを法律用語極力交えずわかりやすく解説してみよう。

スポンサーリンク
レクタングル大

IT業界の業務

請負契約

請負契約は、発注者側が受注者側に業務を依頼し、仕事が完成したらお金を払いますよ。

お金を支払った後でも製品にバグがあったりしたら、一定期間は責任を取って治して下さいね!という契約が請負契約。

発注側に業務の指揮命令権は無く、勤務時間等はお宅の会社の自由にして下さい。こちらは発注した製品だけしっかりと納品してくれればそれでいいという形。

なので受注側からすれば、要件がキッチリと決まっていて、決められた範囲で作業する事が重要になる。

だから請負契約の場合は、システム開発で言えば、要件定義は終わっていて、基本設計もしくは詳細設計フェーズ辺りから参画し、開発・構築、単体試験と結合試験の一部まで行い、後は引き上げるというのが一般的。

準委任契約

準委任契約は、請負契約とは違い製品の完成に責任を持つ必要はない。

だから納品した製品のバグを直してくれよ!というような瑕疵担保と呼ばれる責任は負わない。

なのでシステム開発では、要件定義フェーズから参入し、基本設計くらいまでは担当するが、詳細設計以降は請負ベンダーにブン投げその後、製品が完成したころ、結合試験かシステム移行辺りまで面倒見る人達。

請負とは異なり、料金も作業ごとに発生するため、大抵の場合1月ごとに発注側から料金が振り込まれるケースが多い。

請負と同じところは、発注側に指揮命令権はないため、勤務に関しては受注側にお任せ。

準委任の場合は、大手SIer側での業務が多くなるため、SIerの会社に席を用意してもらいそこで業務を遂行するのが一般的になっている。

派遣契約

これはそのまま労働者派遣契約。

派遣なので当然業務の完了を義務付けられている訳ではない。

そのためシステム開発の初期から終わりまで担当するケースもあるし、業務過多のタイミングだけ一時的に参入するケースもある。

派遣契約のエンジニアはSIerには多く常駐していて、システム開発の案件受注具合によっていろんな案件に参入する事もある。

派遣契約はどちらかといえば準委任契約に似ているが、決定的な違いは指揮命令権が受注側にあるということ。

受注側の指示に従い仕事を遂行する必要があるし、勤務時間の管理も受注側(派遣先)が行わなければいけない。

3つの契約の問題点

3つの契約は似通っているようで実態は大きく違うのだが、その似ている部分を悪用されてしまう事だ。

派遣契約にも関わらず、請負のような責任を負わされて仕事の完遂を求められるケース。

準委任契約にも関わらず、発注先から指示を受け指揮命令されているケース。

請負にも関わらず、要件が定まってなく、準委任や派遣のように結合試験以降の作業も対応させられ、納品する事が出来ず支払いを遅らされるケース。

このようなケースは偽装請負となるので要注意。今一度自分の契約をしっかりと把握するように注意すべきだろう。

請負契約・・仕事を完了する義務、瑕疵担保責任があり、報酬は業務遂行後、指揮命令は受けない

準委任契約・・業務を遂行する立場で完了、完成、瑕疵担保責任はない、報酬は都度支払われ、指揮命令は受けない

派遣契約・・労働に従事する事が業務だが当然それ以外の責任は無い、報酬は都度支払われ、指揮命令権は派遣先


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする