40代は独立?転職?で悩んだら転職がイイ理由【フリーは難しい】

古くから40にして惑わずという言葉がありますが、それって人生50年の時代の話ですね。

人生80年、いや90年の時代になってくると、40歳なんてまだまだ迷い続ける年齢

そんな40代の方々が転職か?独立か?で今現在悩んでいるとしたら、転職した方が絶対イイですよ

40代だからこそ独立ではなく転職なのです

面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)!

スポンサーリンク
レクタングル大

40代は転職すべき理由

40代という特性

40代という年齢はどんな世代なのか?

40代ってある程度仕事も覚えてきて管理的立場にいる人も多いでしょう。

家庭に帰れば子供は育ち盛りでこれから中学進学、高校進学、大学進学が控えている年ごろ。

最もお金がかかる世代が40代なんです

今の時代、社会保険料や税金も上がり、給料は上がっても手取りは増えない。

いっそ独立した方が実入りがいいのでは?

と思うかもしれませんが、その考えは相当危険です。

嫁ブロックという言葉もありますが、奥様は今の世代こそ家を守ってほしい。

極力ストレスの少ない、そして収入が下がらない範囲でサラリーマンをやってほしい。

そう思う奥様が多いのではないでしょうか?

自分がやりたい仕事があるのもわかる。

今の会社が嫌なのもわかる。

でも独立するのは今じゃない!

20代とかの若くて独身、もしくは子供が巣立って50歳を超えているとかならいいけど、サラリーマンとしてバリバリ脂が乗っているときに会社辞めることないんです

40代はサラリーマンとしての全盛期で家庭としても必要とされる世代。

無理して独立する年代じゃないのです

40代の転職

だけど今の会社じゃ先が知れている。

もっと収入も上げたいし、もっといい環境で働きたい。

と限界を感じているのであれば、独立じゃなくて転職すればいいのです

今の時代、40代の転職なんて当たり前の時代に突入しています。

40代の転職市場は活発化し、ロスジェネ世代と呼ばれた世代が大逆襲できる時代になっています。

社会派ブロガーのちきりんさんも自身の書籍の中で40代の転職の方が上手くいくと書かれています。

40代を節目にして人生2回生きればイイ。

40代の方が自分を冷静に見つめることができるし、業種や業界の特徴もわかっている。

そして会社という組織を知っている。

だから40代の転職は成功する確率が高いんです。

40代だからこそ転職すべきなのです。

フリーになるのは先でイイ

どうしてもフリーになりたい!

でも、その気持ちもっと先じゃダメですか?

すでに顧客を抱えていて、根回しもできていて、資金も潤沢にある。

独立する準備は万全に整っているのであれば、独立・起業という手もあるでしょう。

でもそんな人いますか?

みんな起業当初はお金もなく、顧客もなく、得意先もない。

手探り状態で始めるんじゃないですか?

それって会社の仕事、管理職の役務、子供の教育などタスクが輻輳している時に無理してフリーになる必要なくないですか?

フリーになりたいのなら、子供が十分育って手が離れてからでもいいじゃないですか?

会社を興すのだって今じゃなきゃいけないわけじゃない。

社労士や行政書士などの士業の仕事であれば、年を取ってからでも十分独立は可能です。

フリーになるのはもっと先でいいんです。

だからこそ今は思い切って働ける場所を求めて転職すべき世代です。

面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)!


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする