40代転職市場で高収入を得るために必要なのは資格?管理力?技術?

活発化する40代の転職市場。

一部の業界では人材難が慢性化し、もはや50代なんか若手と言われるほど深刻です。

50代が若手ってもはや各業界落語家の世界みたいになっていますが、実際そうなんだからすごい時代になってきました。

50代が若手となれば40代の転職なんてもはや当たり前。

ですが、そんな活発な40代の転職市場でも残念ながらくっきりと明暗が分かれてしまうのも実情です。

40代の転職市場で高い価値をつけるにはどんな能力を身に着けておけばイイのか?

スポンサーリンク
レクタングル大

40代転職市場

40代の転職市場で高い価値を得るために必要な3つの要件を見ていきましょう。

管理能力

40代で転職市場に打って出るのであれば、管理能力がある、管理職としての経験があることは大きなアドバンテージです。

なぜ管理能力が必要なのか?

それは兵隊だったらいくらでもいるからです

いくら人材難のご時世でも、それほど厳しい職種でなければ人を確保することは可能です。

アルバイトだとか主婦のパートだとか、ご高齢の方だとか外国籍の方だとか。

言われたことをキッチリとこなす。

マニュアルがあればその通り出来るという人なら意外と確保することが出来ます。

ですが、その人たちをまとめたり、その人たちを有効に活用してビジネスを押し広げてくれるような人はそうそういないのです。

だからこそ、言われたことしかやらない。

言われたことしかできない。

自発的に動くことが出来ないような、若手と変わらないような人材ならわざわざ40代以上の人材を採用する必要はないのです

ですので40代目前で管理経験がないという人は、転職市場で高値で売り抜くことが難しくなってくるのです。

もし管理経験がないのなら、面倒でも積極的に会社の管理側に立つべきです。

それが嫌なら技術力もしくは資格にかけるしかありません!

技術力

もし管理能力には自信がない。

そもそも管理職とかやりたくない。

自分の腕だけで生きていきたいというのなら技術力に磨きをかけるしかありません

ですので一般事務だとか単純な営業とか庶務的な仕事をやっていたんじゃ、40代の転職市場で輝くことは出来ません。

技術が評価される仕事で己の技術を磨くのです。

技術系のエンジニア、料理人、職人、IT系のエンジニア。

特にIT系のエンジニアは、技術のエキスパート的な立場になればいくらでも転職市場で輝くことは出来るでしょう。

その代わり、40過ぎて管理能力がない!とカミングアウトしている以上、技術力に関しては中途半端ではイケません。

誰もが唸るような技術と経験があれば、高評価を勝ち取ることが出来るでしょう。

資格

資格はやっぱり裏切りません。

特に難易度の高い資格を有している人は、転職市場でも高評価を受けることは間違いありません。

社労士試験に合格すればこんなにイイことがある!国家資格は半端ない。国家資格を取るとこんな未来を切り開けるのです。

もちろん、資格だけではそれほど大きな価値は出ないかもしれません。

資格にプラスして経験が上乗せされていれば、あなたが取得した資格はピカピカのダイヤモンドのように輝いているはずです。

ですが、経験がなくても嘆くことはありません。

今まではこの仕事をしていたが、そろそろ職種を変えたい。

40代から先は自分がやりたい仕事を極めたい。

そのために在職中に難関資格を取得した!

という資格取得までのキッチリとしたストーリーが出来ていれば十分に高評価を受けることも可能です。

逆に言えば40代で何の資格も持ってない人は、前述したようなよほどのエキスパートでないと転職市場で評価を受けることは難しくなってしまいます。

ですので、サラリーマンとしてただ仕事をしているだけでなく、自己啓発のための資格取得は常に推し進めておくべきでしょう。

まとめ

40代の転職市場で高評価を得るためには、管理能力、技術力、資格のどれかは外せないキーワードとなってきます。

ということは・・・管理能力、技術力、資格のすべてを兼ね備えている人は、あり得ない程引っ張りだこになるはずです

30代後半から40代前半までにどれだけ自分を高められたか?

これが40代転職市場で高値で売り抜くための必須事項になるはずです。

社労士試験に合格すればこんなにイイことがある!国家資格は半端ない。国家資格を取るとこんな未来を切り開けるのです。
食える資格という言葉を耳にすることがあります。何々資格は食えるとか食えないとか。何を基準にしているのかわかりませんが、皆さん気になるのでしょ...

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする