IT業界に蔓延している悪質なSES契約や準委任契約は違法なのか?

IT業界で当たり前のように採用されている契約方式がSES契約とか準委任契約(以下SES契約で統一)。

このSES契約って違法なんじゃないですか?

とよく質問を受けるので、ここではIT業界に蔓延る違法なSES契約について解説します。

スポンサーリンク
レクタングル大

SES契約

SES契約とは?

まずSES契約とは何なのか?

SESは、System Engineering Serviceの略で、簡単に言えばシステムエンジニアの能力と労働力だけをお売りしますよ!

という契約形式です。

え?でもそれって派遣と何が違うの?と疑問が湧くと思いますので、それぞれの契約の違いに関してはこちらに解説しておきます。

IT業界主にシステム開発、構築の業務契約には大きく分けて3つの契約形態がある。請負契約と準委任契約と派遣契約。この3つかなりの人が誤解しているというか誤認識しているようなので、3つの違いを法律用語極力交えずわかりやすく解説してみよう。

SES契約は、社員の代わりにシステム開発とか運用、保守などの仕事をしてもらう人たちの契約のことです。

SES契約は違法なのか?

SES契約そのものは違法ではありません

民法656条に基づいて定められた契約で、法律行為ではない事務の委託について準用する。

つまりは法律行為以外の仕事を委託する契約。

もちろんシステムエンジニアリングは、法律の行為ではありませんので、SES契約そのもの自体が違法になることはありえません。

ですが、SES契約の本質から外れた運用がなされていると、違法行為になる可能性があります。

SES契約なのに実態は請負だったり、派遣だったりする、これがSES契約のグレーな部分なのです。

ここでは違法となりえるSES契約の事例をご紹介します

ちなみにわかりやすいように発注側の社員のことをプロパと呼ぶことにします。

プロパから仕事に関して細かく指示される

SESと派遣の大きな違いは指示命令系統です

SES契約の場合、プロパさんは直接指示を出すことはできません

SES契約は、契約締結時にコレコレの業務をやってね!という発注があり、その内容で問題なければ受注側が契約を結びます。

でも業務の指示をできなければ業務の管理とかどうるすの?

業務の指示を受けない分、受けた業務に関する報告書は提出しなければいけません

今月はこの業務の依頼に関して、こんな作業を実施して、こんなものを納品しました。

的な報告書です。

つまりはSES契約の場合、発注書に対して報告書で返す、これが正しい仕事のやり方。

ですが、現実はそうなっていないケースが非常に多い

プロパが逐一業務の指示をしたり、文句をつけたり。

直接業務の指示ができるのは派遣契約にも関わらず、ついつい一線を超えてしまうのです。

プロパさんからウダウダと指示されるようなら契約と違うということを所属元の会社にすぐに伝えましょう。

プロパからスケジュールの管理をされる

おそらくシステム系の仕事をしているのであれば、進捗会議のようなものがあるでしょう。

プロパ側が想定しているマスタスケジュールから大きな進捗の遅延などがあるようであれば、改善を求められたりするでしょう。

ですが、その席で「遅延しているので明日までに対応してもらえますか?」というような具体的な指示はNG行為です。

このような指示が定常化している場合は、違法になる可能性が極めて高くなります。

プロパから残業を命じられる

「トラブルが発生しているから終わるまで残って下さい」とか「今日中に終わらせて下さい」のように残業を命じられる行為もNGです。

SES契約の場合、労務管理義務があるのは所属元の会社です。

常駐先のプロパさんに残業を指示する権限はありません。

プロパから勤怠に関して指示される

休暇の取得時期の指示なども当然ながらNGです。

また休みがちだから改善してください!とか遅刻をしないでください!というような直接指示することも避けた方がいいでしょう。

どうしても勤怠に対して苦情があるのであれば、プロパから所属元の会社にクレームを入れるのが筋です。

プロパから成果物に関して修正指示を受ける

SES契約のシステムエンジニアが何かしらのプログラムを納品したとします。

そのプログラムにバグが見つかり、速やかに修正してほしい!バグなんだから当然無償で!

とうい指示はSES契約の場合認められません。

いわゆる瑕疵担保責任があるのは請負契約。

バグを修正してほしいのであれば、次月以降改めてバグ修正の契約を結び、その分の対価も当然支払う必要があります。

まとめ

SES契約は発注側と受注側、そして実際に常駐する社員、そして受け入れる側のプロパ社員。

この登場人物すべてがキッチリと契約の内容を把握する必要があるのです。

近年では大手のSIerは契約に関する教育を強化しているようですが、まだまだトラブルが絶えないのも現実です。

客先に常駐するとなったときは、自分の身を守るためにも契約形態だけはキッチリと把握しておきましょう。

そしてトラブルが発生する前に、必ず所属元の会社への連絡ルートだけは確保しておきましょう。

すべての登場人物がしっかりと契約を理解し、法令遵守に取り組むことで、SES契約のグレーな部分を消していく取り組みをしなければいけません。


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする