SMAPが解散!日本の会社では社長に逆らうとどうなるか?

本日世間を揺るがす衝撃的なニュースが流れてきました。

国民的人気グループのSMAPが解散するそうです。

解散するだしないだで一時騒然としていましたが、もうその話は落ち着いたのかな?と思っていただけに、ちょっと意外なニュースでしたね。

SMAPがどうだったのか詳細までは知り得ませんが、社長に逆らうとどうなるのか?というお話を。

スポンサーリンク
レクタングル大

日本の会社の仕組み

社長への直訴

ゆとりなサラリーマン
先生もう我慢できません!

社労士
どうしたんですか?あまり興奮せず落ち着いて下さい。

ゆとりなサラリーマン
あまりに傲慢な社長のやり方に対して社員の不満が爆発寸前です。

もうコレ以上指をくわえてみているわけにはいきません!


社労士
お気持ちは分かりますが、ゆとりさんはどうされたいのですか?

ゆとりなサラリーマン
ボクが社員の代表となって社長に直訴します!

社労士
直訴してどうされるおつもりですか?

ゆとりなサラリーマン
直訴して何も変わらないようならボクは会社を辞めます!

社労士
退職後あなたはどうされるおつもりですか?

ゆとりなサラリーマン
それは・・・今は考えてません。

社労士
そうですか。それでしたらもう一度じっくり考えなおしてみて下さい。

中小企業の場合、オレがオレがのワンマン社長は多いでしょう。

これは中小にかぎらず、大手でも一代で急成長したような会社は、大抵ワンマン社長です。

そんなワンマン社長のやり方が気に入らず、血気盛んな若者は社長に一泡吹かせてやろう!なんて考えるケースもあります。

ですが、そんな事をしたって、体勢が変わることはありません。

会社のことを一番考えている人

社長のやり方が気に入らない!とお考えであれば、まずは社長にいきなり直訴するのではなく、上司に相談してみてください。

おそらく上司は、「お前の言い分もわかるが、会社はそういう方針なんだから我慢するしか無いよ」と部下を諭すかもしれません。

そんな意見を聞くと、「あっこいつも結局社長の手下か。こんな上司に相談したって何も解決しない。」

と感じるかもしれません。

ですが、会社という組織に所属している以上、上司の意見が正解とはいえませんが妥当な意見です。

会社のことを誰よりも考えているのは、社長さんです。

社長は会社の経営状況を良くするために、社員が長く勤められるようにと日々頭を悩ませています。

もちろん時には厳しい方針も打ち出しますし、社員にとっては納得行かない方針転換もあるでしょう。

ですが、社長が決めたことに従うのが社員の役目。文句なんて言っていても意味が無いんです。

それでも社長に逆らうと

それでもイイ!これだけは言わないと気が済まない!と社長に意見してしまった場合、残念ながらしばらくは会社の中枢から遠ざけられるでしょう。

社長からすれば、右向け右と行ったら右を向く社員ばかり揃っていれば、これほど楽なことはありません。

社員数が少ない頃は、全員が同じ方向を向いているものですが、次第にソッポを向くような社員も増えてくる。

そんなソッポを向く社員を上層部に置いてしまえば、会社の管理体制はずさんなんものになってしまいます。

その会社に入社した以上、少なからずその仕事がしたかったはずだし、会社に入りたかったはずです。

もしどうしても言い分がある時は、入社した時の初心を今一度思い出し、冷静になって見ることをお薦めします。


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする