社労士の意見一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー大

社労士が推奨する退職代行サービスってどんなもの?

会社を辞めたいのに辞められない。そんな人向けの退職代行サービスというのが話題になっています。一体退職代行というのはどんなサービスなのか?怪しいサービスじゃないのか?と不安に思う方も多いのではないでしょうか?社会保険労務士が専門的な立場で、退職代行サービスってどんなものなのか検証してみようと思います。

転職者に最も嫌われる最悪な面接のやり方を転職した人に聞いてみた

仕事はあるけど人いない。人材難であえぐ業界のテンプレートのような言葉になってしまってますが、今の労働力人口からすれば、中小企業の人材難はまだまだ続くはずです。中小企業はこれから先、どれだけ人を採用できるか?どれだけ人を辞めさせないか?人材を確保することが生き残るための最大のキーワードになってきます。

将来人事・総務担当になりたいのなら迷わず社労士資格を取得しよう

今は現場の仕事についているけど将来的には会社の内部で仕事がしたい。経営まではいかなくても、マネジメント層で働きたい。会社の中から支える仕事に就きたいと考えている人は多いと思います。もし、今は畑違いの仕事をしているけど、将来的には人事とか総務の仕事がしたい。会社を支える人材になりたいと思っているのであれば社労士資格をとりましょう。

取っておけば食いっぱぐれのない資格なんてそもそもあるのか?

取っておけば将来安心。この資格を取っておけば一生食いっぱぐれることは無い。そんな資格があるのであれば、少々難しかろうがみんなチャレンジするはずですが、なかなか現実的にそんな資格は存在しません。そもそも食いっぱぐれのない資格なんてあるのでしょうか?

上司は定時退社日に帰らない部下に残業をやめろと指示したら違法か?

ちょっと変わった話を聞いたのでご紹介します。日本企業では、働き方改革が進み残業時間を減らそう!有給休暇を取得しよう!という流れに変わりつつあります。そして各企業では、働き方改革を実現するためにあらゆる取り組みを実施しています。そして多くの企業で採用されているのが「定時退社推奨日」。

あなたの会社はなぜ社員が辞めてしまうのか?退職防止の方法論

空前の人材難となっている日本社会。せっかくお金をかけて獲得した人材が、ホイホイと辞めてしまうというお悩みは多いようです。なぜあなたの会社は、人材が流出していまうのか?なぜ人はせっかく入った会社をいとも簡単に辞めてしまうのか?その事由を解析していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大