40代非正規社員が大逆転するなら今しかない!就職氷河期を取り戻せ

今の40代半ばから30代後半はいわゆる就職氷河期世代。

ロストジェネレーションと呼ばれた世代です。

30社、40社、50社と就職活動に行ってもほとんどが門前払い。

たまに面接までたどり着いても、買い手市場の上から目線の面接ばかり。

ある程度の学歴がないと大企業は当然門前払い、なんとか中小企業に潜り込めた人はまだマシ。

多くのロスジェネ世代は、就職活動に失敗し非正規雇用という憂き目を見るしかなかったのです

そんなロスジェネ世代たちは、もう逆転するチャンスは無いのだろうか?

スポンサーリンク
レクタングル大

氷河期世代が人生を取り戻す

非正規雇用の悲劇

40代半ばを超えたばかりの私もロスジェネ世代の真っただ中。

30社近く就職活動をしてみたが、結局すべて敗戦。

みごとなまでの完全試合を喫してしまった。

その後、目標を失い社会に適合できないというレッテルを押された私は、数年間ニートからフリーターという道を歩みしかなかった。

いつまでこんな状況が続くのだろうか?

いつになったら抜け出せるのだろうか?

出口の見えない暗闇の中を走り続けるような20代を過ごしたが、ようやく30代に入り一縷の望みを見つけることが出来た。

それがシステムエンジニアという仕事

システムエンジニアという道を志し、専門学校に通い直し勉強をつづけたことで、なんとか30代に入ったと同時に正社員というスタートラインに立つコトができた。

その後、社労士資格を取得して事務所を構えることが出来たが、あの時システムエンジニアという道を選んでなかったら・・・おそらく今もまだ非正規雇用のままだっただろう。

非正規雇用から逆転できるのは今しかない

30代になる前にジョブチェンジ出来た人はイイじゃん!

自分なんかずっと非正規雇用のままだよ!

今さら正社員になんかなれる訳がない!

と、決めつけるのは止めましょう

確かに40代半ばまで非正規雇用だった人が、今さら正社員になるというのは簡単ではありません。

ですが、これだけ人材難の売り手市場の状況は、今後二度と訪れないかもしれません

しかもロスジェネ世代が逆転できるのは50代になる前の今しかないんです!

今は多くの企業で、採用のハードルを大きく下げています。

これまでだったら書類選考すら通らなかった人でも、とりあえず面談まではしてみよう。

スキルや経験は足りなくても人柄を重視して採用してみよう!

というロスジェネ世代にとって待ち望んでいた状況が訪れているのです。

どんな業界なら正社員になれるのか?

それじゃどんな業界なら正社員になれるのでしょうか?

間違いなく人材難でとにかく人が欲しい業界です。

非正規雇用でも積極的に正社員採用をしている業界を紹介します。

宅配業

とにかく人材難に苦しんでいるのは宅配業です。

インターネット通販が主流になり、人々は気軽にネットでモノを購入するようになりました。

ですが、それを購入した人の手元に届ける業界は仕事はあるけど人がいない。

まさに火の車状態になっているのです。

今、最も非正規雇用で正社員として登用されやすいのは間違いなく宅配業でしょう。

体力的には大変な仕事ですが、その分対価もしっかりしています。

運転の経験がなくても、最近では自転車での配送業務もありますので、それほど重要ではありません。

やる気さえあれば正社員として逆転できる業界なのです。

IT業界

IT業界も深刻な人手不足。

とはいえ、IT業界の場合まったくスキルがない、しかも30代半ばを過ぎているとなると正社員登用は難しいでしょ。

と思うかもしれませんが、近年IT業界は40代以降、さらに50代以降の採用にも力を入れてきています。

それほど人がいないんです。

ずっとITのエンジニアとしてやって来てなくても、2~3年IT業界にいたとか、30代後半でも職業訓練校で学んできた、という人ならまだ正社員雇用の道は残されています。

もし、正社員が無理ならばプログラミングを学んでフリーランスとして仕事を得るという方法だってあります。

IT業界は、常に伸びている業界ですので技術さえ身に付ければ誰でも稼げるようになる業界なのです。

自宅で学べるオンラインプログラミングレッスンはこちら

飲食業界

飲食業界も慢性的な人手不足です。

大手のチェーン店では、IT化によりなんとか人材難をごまかしていますが、いくらなんでも無人では営業できません。

飲食業は体力的にも厳しいからか、若い人は敬遠しがち。

人手不足に苦しむ飲食業界は、仕方なく外国人の雇用に頼らざるをえません。

ですので、日本人で飲食業界への転身を企業は強く熱望しています。

正社員雇用を狙うのであれば、飲食業界も視野に入れるべきです。

まとめ

何度も言いますがロスジェネ世代にはラストチャンスです。

もちろん、これから数年後も人材難で売り手市場は続くかもしれません。

ですが、ロスジェネ世代が売り手市場で売り物になる旬はすぐに過ぎてしまいます。

今動かなければ、これから先身動きできなくなるかもしれません。

就職氷河期のロスジェネ世代は空前の売り手市場で逆転できるのか?不遇の時代を生きてきた世代がようやく報われる時代がやってきた。
就職活動に失敗したくらいで人生詰むコトはない。就活なんて一度くらい失敗したって人生取り返せるのです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする