【旦那の年収1千万円】高収入の旦那なら専業主婦になれるのか?

高度経済成長期は、はるか昔に終焉し、今の時代夫婦共働きが当たり前。

二人で働いて稼がないと子供一人まともに育てることができない。

残念ながら今はそんな時代です。

ですが、結婚したら働きたくない。

旦那の収入で家計をやりくりしたい。

専業主婦として生きていきたいという女性は、まだまだ多いのではないでしょうか?

年収1千万くらいの旦那様をつかまえたら、女性は専業主婦として生きていってもいいのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大

専業主婦になれる年収とは

年収1千万の旦那なら専業主婦になれるの?

旦那の年収1千万くらいあれ専業主婦になっても大丈夫??

もちろん収入的には大丈夫でしょうが、年収1千万で専業主婦になるのならとても優雅な暮らしはできないことだけは認識しておきましょう。

年収1千万ということは、手取りにすると700万円くらいでしょう。

12が月で割れば手取りは58万円くらい。

十分な金額ですが、仮に子供二人を抱え、都心のマンションに住もうなんて考えたら、この金額では到底無理。

住宅ローンを組むのであれば、月10数万円程度の支払いで目いっぱい。

子供二人を塾に通わせたりしたいのなら、月10数万円のローンすら苦しくなるはずです。

旦那の年収1千万、子供二人で専業主婦になりたいのなら、かなり郊外に住居を構え、つつましく暮らすしかありません。

年収1千万円というと確かにかなりの高給取りではありますが、決して裕福な暮らしができるレベルではないのです。

高収入の旦那のリスク

年収1千万の旦那さんは、いつまでその年収を保てるのか?

年収300万円の仕事と、年収1千万円の仕事では仕事の質が違います。

与えられる責任も大きく、求められる仕事のレベルも当然高くなります。

旦那様の仕事時間は、年収300万の人よりはるかに長くなるでしょうし、日々のストレスも半端ありません。

それなのに家は郊外で通勤時間も積み重なれば、ストレスは増大し極限まで達してしまうかもしれません。

となると怖いのは精神的な病。

旦那様が精神疾患で倒れてしまったら、年収は激減してしまいます。

高年収な人ほど、安定した仕事を続ける確率は下がっていってしまうのです。

専業主婦は諦めた方がイイです

結論として、今の時代まったくの専業主婦というのはあきらめた方がイイんです

旦那様の年収が1千万円あったって、最悪のケースを考えて奥様もある程度の仕事はしておいた方がイイ。

旦那様が高年収の仕事に疲れ、ジョブチェンジしたいと考えたとき、年収を下げられないとなってしまうと、逃げ道が一切ふさがれてしまいます。

そのためにも奥様がいつでも仕事ができる。

収入を得られる体制を作っておくべきなのです。

もし、旦那様が高収入なのであれば、無理して会社勤めをする必要はありません。

時間を見つけながらフリーランスで収入を得ればいいんです

今のご時世普通に会社員をやっていても収入は右肩上がりには上がりません。団塊世代と呼ばれた時代であれば、高度成長期の真っ只中だったため、毎日会社に行ってさえいれば自然と給料も上がっていく。でもそんなものは完全に昔話。

旦那様も最悪奥様が稼いでくれるという安心感があれば、ストレスも軽減され仕事に集中できるはずです。

今の時代、専業主婦なんて職業はありません。

専業主婦になろという気持ちは、早いうちに捨てておくことをお勧めします。

自宅で学べるオンラインプログラミングレッスンはこちら


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする